2012年12月アーカイブ

前立腺マッサージ愛好家にとって、エネマグラはなくてはならないアイテムのようです。

エネマグラって言葉を初めて聞いた方や、どんなものか想像つかない方に簡単に前立腺マッサージとエネマグラの関係性についてご紹介させてもらいます。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥なんて言葉もありますもんね。

ちなみに、私は最近まで「前立腺マッサージ」や「エネマグラ」や「トコロテン」なんて言葉知りませんでしたけどね。

 

私の浅はかな知識なんて興味ないと思いますが、お付き合いお願いします。

エネマグラは米国で開発された前立腺マッサージ器具ですが、前立腺を刺激することで比較的容易にドライオーガズムを得られることが分かり、今では前立腺オナニー器具として広く知られるようになりました。肛門括約筋の運動により、前立腺、アヌスそして会陰部の三箇所を同時に刺激してドライオーガズムに至ることができます。

 

エネマグラはもともとは、医療器具だったようで最近では、前立腺(性感帯)を刺激する器具として風俗店などでも登場するようになったそうです。

 

要するに、オナニー愛好家にはテンガが欠かせないのと一緒で、前立腺マッサージ愛好家がところてんする為にエネマグラは必要不可欠なんだってことは分かりました。

 

そこで、前立腺マッサージでエネマグラを使用しところてんになりそうになった友人に話を聞いてみたところ・・・

 

「風俗店で使われたことがあります。性感マッサージの上手な子ですと、とても気持ちよくところてんしそうになるんです」

 

実体験の経験談を頂き、ありがとう御座います。

 

しかも、愛用のエネマグラも購入しているようで、何種類も使い分けて前立腺マッサージを楽しんでいるそうです。

以前は、エネマグラの価格が医療器具だったため1万円くらいしていました。

しかし、コピー商品も増え アダルトグッズとして販売が増えるにつれて、価格も5千円くらいになりました。

なかには、千円程度で買えるものもあるそうです。

結構お手頃な価格で手に入ることにビックリした私でした。

 

毎日がところてん状態!?で前立腺マッサージにはエネマグラが欠かせないそうです。

 


僕が五反田でフリーを始める前、働いていた飲食店の本社が大阪にあります。

毎年2月になると一ヵ月研修で本社に全国から各店の店長が集まります。

僕も店長職になり初参加となりましたが、ほとんどが社長による次期新商品の説明会と実演です。

ちなみに社長はバリバリの大阪のおばちゃんと言った感じの人でした(汗)

それから店長同士のオリエンテーションをします。

ほとんど旅行感覚なのでとても楽しかったです。

最初の夜は会社でホテルの大広間を貸し切りにして立食パーティー。

で、酔っ払って仲良くなった熊本店店長の緑川さんと大阪のミナミで飲み直すことになり、

二人でフラフラしていると風俗のキャッチのお兄さんから声をかけられました。

僕は無視して歩いていましたが、緑川さんが喰いついて行こう行こうと

無理やり僕の腕をひっぱりながらお店の中へと入って行きました。

僕自身それまでにm性感のお店に行った事がなく、

自分から責めれない事に対して魅力を感じていませんでした。

緑川さんと待つこと10分ほどで案内されました。通された通路に赤いドレスを着た女性が一人立っていました。

身長170cmぐらいの清楚で綺麗な女性でした。

大阪弁ではなく綺麗な標準語だったので、出身地を聞いてみると出身は山梨との事でした。

正直女性の関西弁に少し恐怖を感じている僕にとってはとても新鮮でなんかホッとしました。

楽しく話した後に僕だけお風呂に行き出てくると女性が真っ黒のボンテージを着けていました。

最初は優しくしますよと丁寧な敬語で話してくれましたが、

プレイがエスカレートする僕もついつい、

彼女の胸を激しく揉んでお互いに求め会った時に急に彼女が

「揉み方っちゅうもんがあるやろ!!!!」とキレられました。

たぶん僕が乳首をつまんで外側にビーンと広げた時に言われました。

その事を緑川さんに話すと「そらあかんわ」と言われ僕の大阪研修は終わりました。

 

これは30歳童貞のフリーライターが、風俗デビューを果たした時の物語である。

 

元々スケベ心と知識だけは一人前、しかし度胸と金は人一倍ない。

そんな男が無謀にも風俗ライティングの仕事を請け、仕事の取材と称してデリヘルを利用したのである。

 

遊び方やルールはウェブで収集。

依頼のあった店舗に電話をし、女性が到着するまで妄想テキストを打ち続けていると、自宅のチャイムが鳴る。

 

くどいようだが30歳童貞。思考回路はショート寸前。

はじめましてーとひきつりながら挨拶。たぶん心臓が口から出ていたと思う。

 

ここで気づいた。童貞の僕にはリアルな女性をリードする術がない。

脳内妄想で歯の浮くようなセリフを並び立てるのは人一倍得意なはずだが、それをリアルで口にしたらキモいことこの上ない。ど、どどどうしよう・・・!!

 

と、この世の終わりを全身から漂わせていると、女性も察してくれたのか、積極的にリードしてくれました(笑)

どのアングルから見てもバレバレの童貞のため、素直に打ち明けることに。

「そうなんだー。でも、珍しくないですよ」

と、これまた衝撃的なフォロー発言!僕はもっと自信を持っていいんだ!!

 

orz ←あとでよく考えたら落ち込んだでござる

 

とまあ、女性がリードしてくれるお店だった訳です。

童貞だと打ち明けても親身に話を聞いてくれて、なんか感動しましたね。

 

店のジャンルはM性感で、実際の所よくわかってなかった当時はもっとSっぽい女王様系?が来るのかと思ってたのですが、全然そんな事なくて。

おっとりした癒し系というか、綺麗というよりも可愛い感じの女性でした。

一秒ごとに緊張がほぐれていきましたね。

それと同時に、こんな女性があんな事やこんな事・・・と、得意の妄想がノンストップ!!興奮もさらなる高みへ。

鼻息、荒かったかもしれません(笑)

 

さらに感動したのが、玄関で靴を揃えたり、気遣いが凄い!!

風俗の世界ってもっと適当なものかと思ってましたが、想像とのギャップが半端ない。

今思えば、最初に利用した風俗があの人だったからこそ、自分はこの業界でメシ食ってるのかもしれません。

 

女性に

『風俗初めてで』

というと、

『任せといて下さい』と優しい返事が。

 

全て女性がリードするタイプのサービスとの事で、童貞の私でも変に気を遣う事はありませんでした。

 

と、その時です。

可愛らしい女性の瞳の奥にともる妖艶な炎(笑)

目つきが変わり、すべての動作がエロく豹変。

繰り返されるギャップと繰り出されるテクニックに悶絶しっぱなし(笑)

 

女性曰く、

 

遊び方?

⇒楽しむ事です。

 

ルール?

⇒思いっきり感じて下さい

 

こんな返答が。素晴らしい!!

今までこんな楽しみを知らなかった事に落胆した童貞がそこにいました。

 

そして現在に至る(笑)

 

あ、こないだ大阪痴女性感フェチ倶楽部の取材行ってきました。

まだオープンしたばかりの店ですがルックス、サービス内容ともによし。

これから共に盛り上がっていきたいと勝手に思っちゃったりしています。あと、また仕事ください(笑)

 

MTBlog42c2BetaInner

2015年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリ